嘉穂Dream Compass

3+3=6年間のKAHOプログラムで学べば
君は、どんな時代でも輝ける人になる。

る(1年)

自分を知り、自分を見つめる

嘉穂附属中生として、他とのかかわりの中で、自分を肯定的に理解し行動する力や他の考えや立場を理解し、相手の意見を聴いて、自分の考えを正確に伝える力を養います。

まずは自分の足下から学ぼう
嘉穂を知る 自立と協働を学ぶ体験活動

国立夜須高原自然青少年自然の家での1泊二日の体験活動においては時間を守りみんなと共に行動することで、協調性や自主性が身につく充実した宿泊合宿です。

論文形式による思考力・判断力・表現力の育成
一人一研

自分が興味のある日常生活や社会の課題からテーマを設定し、仮説を立て、検証をしながら論文形式でまとめるものです。1年生時に「一人一研」、2・3年生時に「課題研究」の2回の課題研究があります。

  • 「ちびまる子ちゃん」の人気の秘密を探ろう
  • 史上最強のシャボン玉を作ろう!
  • 自分オリジナルの保冷剤を作ろう
  • 時代の特徴を探り出そう

自分の地域のついて深く理解し考える
地域調査

1学期末に担当地域のグループ決定をして、自分たちで資料集めや情報収集を行います。中には、休みを利用して実際に足を運んだグループもあります。

生徒の感想

Tシャツを実際に持ってきて紹介したり、大事なところをみんなで強調して言ったりするなどの工夫が見られて、興味がわきました。聞き手の関心を引くような工夫を考えてプレゼンできるようになりたいです。

める(2年)

自分の適正を考える

多様な生き方に関する様々な情報を整理・活用し、働くことの意義を理解する力や自分の能力や適性を踏まえ、具体的に自己実現に向けての道筋を考える力を養います。


オールイングリッシュセミナー

3月の公立高校入試の日にALT4人の先生から一日それぞれの先生の国について講義を聞いて、その後、クイズや英会話のレッスン、また、英語でのディベートをします。
この先生は、ハワイ出身の先生でした。初めて知ることも多く、たくさん刺激を受けました。

進路の選択肢を知り働くことを体験する
職業体験

「働くとはどういうことか」「職場とはどういう場所か」7月の2日間に25の事業所に分かれて職場体験学習を行います。働く人の姿を見たり、インタビューをしたりする中で、自分も将来、一人の社会人として立派に役割を果たすことの大切さや社会人としてマナーや礼儀作法などの大切さを学んでいます。

職場体験学習の流れ
  • 事業所の希望調査(アンケート)【4月】
  • 将来の職業・職種について考える。(レポート作成)【4月】
  • 訪問する事業所について調べる。【5月】
  • 事業所のアポイントメントの準備 → アポ取り【6月】
  • マナー講座(外部の方からのご指導) 【6月予定】
  • 各事業所へお礼状書き及び体験報告書作成(夏休みの宿題)【7月以降】

2・3年での課題探求活動
課題研究

自分の興味関心のある内容を徹底的に追求して論文にまとめて、思考力・判断力・表現力を高める活動です。
知的好奇心・探究心を掻き立てるためには

  • テーマを見つける→ 素直な疑問から始める
  • どの分野のテーマであるか考える→ ・人文科学 ・自然科学 ・文学 ・芸術
  • 文献・資料を収集する→ オリジナリティを示す。他人の見解やデータと、自分のものを明確に区別しています。

する(3年)

視野を広げ、目標を定める

意思決定の責任を自覚し、今後の成長のために進んで取り組もうとする意欲や学ぶ目的を持って将来設計を描き、前向きに実現を図る態度を養います。

本物を知り、視野を広げる。
九州大学訪問

6月には九州大学のキャンパスライフや研究機関を体験することで、より自分の進路を明確にすることができます。

1期生 原田 玲音 君の感想

大学では、答えがあるかどうかわからない問題に挑む。それは、ゲームや本じゃ味わえない。
九州大学には自分が求めている何かがあり、自分に合っている気がした。

日本の中心で本物を知る
関東就学旅行

3年生の12月には、3泊4日の関東修学旅行があります。
東京大学では本校卒業生の秋光教授の特別授業や富士通本社訪問にて田中代表取締役社長の特別講義など日本のトップリーダーと直接お目にかかることができました。
夢のような特別な修学旅行で生徒は皆感動していました。

深く学んだことを伝える
KDC発表会

中高一貫教育の協働の場としてKDC発表会を行います。1年生は一人一研、3年生は課題研究と関東修学旅行の成果発表です。プレゼン能力を発揮して全校生徒が感動する発表会です。